辛亥革命を支えた山田兄弟 2011年12月12日

c0069380_1885244.jpg
c0069380_1891274.jpg

(東京・谷中 全生庵の山田良政の碑)

今年は、辛亥革命100年。

孫文を影に日向に支えた山田兄弟のことを

先日、テレビ番組で紹介していた。

山田良政と純三郎。

ふたりは、津軽出身である。

東京、谷中の全生庵に、孫文の山田良政を

悼む碑がある。

山田良政は、革命のさなか戦死した。

同じ文言の碑が、ふるさと弘前市の

新寺町の貞昌寺にもある。

貞昌寺には、弟・純三郎の碑もある。

純三郎は、孫文がなくなったとき、

臨終の席にいた、ただ一人の日本人である。

ふたりとも、もっともっと知られていい人物である。

c0069380_18195524.jpg

(弘前の山田純三郎の碑)

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2011-12-12 18:21 | 人生 | Comments(0)