ワークショップ 2011年10月5日

c0069380_18563373.jpg


9月のお月見縄文祭のワ-クショップで

今年は、「縄文人のあたま飾り」を作った。

三内丸山遺跡の周辺に生えている植物を

事前に採集して、それを材料にして

訪れたファミリーにめいめい勝手に

作ってもらった。

民博のマシューズさんが、

植物採集に全面的に協力してくれた。

これは、縄文アーティストの安芸早穂子さんの

アイデアであるが、小生もほとんど同じことを

考えていた。

最近、三内丸山遺跡出土の土器に掘られた

縄文時代のシャーマン(祈祷師)が、

ぴょんと、突き出たあたま飾りを付けている。

これをみんなで作ってみたらと考えていた。

偶然の一致だが、相変わらず子どもたちが

とてもよろこんで参加してくれたのは嬉しかった。

もちろん、音楽演奏を担当した三戸誠さん、

宮崎龍美さんにも感謝感謝。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2011-10-05 19:05 | 縄文 | Comments(0)