幻の詩人・村次郎 2011年9月29日

c0069380_12483156.jpg


村次郎の全詩集が出版された。

村次郎は、慶応大学で仏文学を専攻し、

詩集を2冊だしたあと、八戸市鮫町の旅館「石田屋」を

継ぐため、郷里に帰った。

中村真一郎、芥川比呂志らと交流があり、

詩人として、将来が期待されていた。

幻の詩人といわれるゆえんである。

全詩集の計画がすすんでいたが、

3月の大震災で、旧石田家は、津波にあった。

幸い原稿の散逸は免れたが、水浸しになり、

出版は9月までのびたという。


その詩は、簡潔ながら、こころにしみる。

機会があれば、じっくり味わってみたいものである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2011-09-29 13:01 | 人生 | Comments(0)