三内丸山ムラのくらし 2011年8月5日

c0069380_12362544.jpg


先日の東京縄文塾で、

東大の辻誠一郎さんが、

三内丸山のムラのくらしについて

興味深いスケッチを紹介してくれた。

辻先生自ら描いた絵である。


ちなみに、A~Mは、次のような意味である。

A:集住居

B:人糞・ゴミ処理場

C:クリ林

D:ウルシ畑やエゾニワトコ畑

E:二次林

F:主にブナ林からなる落葉広葉樹林

G:小集落

H:狩猟・採集域

I:内湾漁労域

J:淡水漁労域

K:水辺鳥獣狩猟域

L:近距離交易

M:遠距離交易(Mは、スケッチの上方、画面から切れています)


このキーワードを手がかりに、

三内丸山の集落の図とにらめっこしていると

いつしか、縄文人になって

縄文のムラを歩いているような

気持ちになる。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2011-08-05 12:36 | 縄文 | Comments(0)