博物館はみんなのものだ 2011年6月9日

c0069380_16454217.jpg


「博物館はみんなのものだ」

先日の新聞に、元民博教授の小山修三先生が載っていた。

(2011年4月4日~8日・日経新聞・夕刊「人間発見」)

いま、吹田市立博物館長をつとめている

先生の奮闘記である。

上から目線の、「見せてやる」という博物館は

いま壁にぶつかっている。

そこで、先生は、市民委員44人に徹底的に議論させて、

市民の企画した展示を行った。

最初は、

「千里ニュータウン展ーひと・まち・くらし」。

日本有数のニュータウンの昔と今を

市民が持ち寄った展示品を中心に見せた。

「三丁目の夕日」の世界のような

レトロで懐かしい生活グッズがずらりと並んだ。

2カ月足らずで、2万2000人が来た。

前年の2倍だった。

そこで、冒頭の結論に至る。

「博物館はみんなのものだ」

そして、次々にヒットを飛ばしているという。

小山先生らしいエピソードだ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2011-06-09 16:56 | 人生 | Comments(0)