チンパンジーは絶望しない 2011年2月2日

c0069380_17502212.jpg



先日、ラジオで、サル学の研究者が

言っていた。

「チンパンジーは、どんなに病気が重くても

今日バナナが食べれれば、絶望しない。」


ところが、

「人間は、絶望もするが、希望ももつ。」


それは、人間が、過去と未来に対して、

想像力を持っているからだという。


ここで、ふと考える。

どちらが、幸せなのだろうか。


人生の時間がたくさんあって、

未来への希望にあふれているときはまだいいが、

人生の残り時間が、少なくなったときは、

チンパンジーのように、たんたんと絶望しないほうが

しあわせではないかと思ったりする。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2011-02-02 17:59 | 人生 | Comments(0)