さわる感動 2010年12月14日

c0069380_1452857.jpg


先日、日経新聞に、

「五感の展示・さわる感動」という記事があった。

(2010年12月7日付)

民博の准教授・広瀬浩二郎先生が、

「五感で楽しむ博物館」を提唱している。


広瀬先生ご自身、全盲だが、三内丸山遺跡も訪れ、

縄文土器をさわって鑑賞した。


広瀬先生は、「健常者を『見常者』と呼び、

視覚障害者を『蝕常者』と表現する。」


つまり、「五感を刺激する博物館は、

健常者にも楽しいはず」というのである。


興味深い提言である。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-12-14 14:10 | 縄文 | Comments(0)