天空聖地・小牧野遺跡 2010年12月7日

c0069380_12394497.jpg
c0069380_12403942.jpg


あおもり草子の最新号が届いた。

特集は、「青森ジャワメキ パワースポット」。

その中で、鶴岡真弓さんが、

ストーン・サークルで知られる青森市の小牧野遺跡について

ユニークな視点で、書いている。

この遺跡は、確実に、天を意識しているというのだ。


「小牧野遺跡に佇むと人間の魂は鳥となって、

そして光となって、

『天』に飛翔するのだというヴィジョンを

授けてもらえるような気がする。」


鶴岡さんは、アイルランドやスコットランドの

遺跡を見てきた。

ユーラシア全体の中で考えている。

そして、このように記している。


「『天空』への畏怖と憧れは大陸だけにあったのではなく、

日本列島の文明にも育まれてきたことを

小牧野遺跡は山中の高見の聖所で

主張しているように思える。」


小牧野のストーン・サークルを鳥の目を意識した

天空の聖地だというのは、

きわめて興味深い。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-12-07 12:57 | 縄文 | Comments(0)