北の旅人 2010年12月1日

c0069380_16184287.jpg


けさ、ラジオで石原裕次郎の「北の旅人」を

聞いた。

山口洋子の詩がなかなか泣かせる。


「泣きぐせ 酒ぐせ 泪ぐせ

どこへいったか細い影」

薄幸の恋人を探して、

冬の北海道の盛り場を訪ね歩く。


最後に、小樽が登場する。


「いちどはこの手に抱きしめて

泣かせてやりたい思いきり

・・・・・・・・・・・・・・

夜の小樽は雪が肩に舞う」


北国は、雪だとか。

これから、曇天のもと、

時雨れた天気が続く。

小樽も寒いだろう。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-12-01 16:25 | 旅の街角から | Comments(0)