天皇の世紀・第10巻江戸攻め 2010年11月12日

c0069380_1230113.jpg


「天皇の世紀」第10巻を読んでいる。


明治初年の新聞の起こりについて、

興味深い記述があった。


「新聞がさかんに発刊されたのは(中略)

以前になかった政治論の流行を招来した。

「敗れた者」の仕事として新聞が起り、

その後の、明治初期の有名な新聞人が、

ほとんどこの中から出たのは、

注意に値する現象である。」

「人民の潮とはまだ言えないが、

敗北者の群れの中から、

人を説得して輿論を作ろうとする

潮が高まった。」


なるほど。

明治初期の新聞人は、「敗れた者」から

生まれた。

彼らの論は、意外に、説得性があった。

のちに、新聞「日本」を主宰した陸羯南も

その流れで語れるのかもしれない。


彼のところにいた新聞人は、

朝日新聞を初め、日本の新聞社を支える有能な人材となっている。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-11-12 12:30 | この国のかたち | Comments(0)