東京縄文塾 2010年10月18日

c0069380_1823862.jpg


10月29日(金曜日)午後6時から、

三内丸山縄文発信の会主催の「東京縄文塾」が

築地の朝日新聞・読者ホールで開かれる。

テーマは、「再発見!三内丸山からのメッセージ」。

このヒントは、9月のお月見のシンポジウムで

岡田康博さんが、この15年あまりの発掘を振り返りながら、

「当時、無我夢中で見えなかったもの、

今、あらためて見えてくるものがある」

と、しみじみとお話になったことによる。

講師は、そのミスター三内丸山の岡田康博さんと

東京大学の辻誠一郎先生。

三内丸山縄文発信の会15周年記念。

かつ、特別史跡指定10周年記念もかねている。

関心のある方は、ぜひご自由にご参加ください。


お問い合わせ先は、
 NPO法人縄文発信の会事務局
     017-773-3477



お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-10-18 18:31 | 縄文 | Comments(0)