沼地のひと 2010年9月11日

c0069380_11174784.jpg


アイルランドのダブリンにある考古・歴史博物館で

衝撃的なものを見た。


The Bog Bodies

「沼地のひと」とでも訳すのだろうか?

アイルランドの沼地から、

2003年に発掘された遺体である。

遺体といっても、黒ずんでいるほかは、

さっきまで生きていたようななまなましいものである。

それが、いずれも尋常でない状態で、出土している。

あるものは肩から手の先まで。

あるものは、首が失われた上半身。

いずれも、通常の死ではない。

身を断ち切られた異常な死である。


博物館の特別コーナーに、

このショッキングな遺体が

ひとつづつ安置されている。


説明書では、

「2世紀の鉄器時代、

王の就任式の儀式でいけにえにされたものではないか」という。


アイルランドの冷たい沼地の水の中で腐らずに、

彼らは、1800年後に、姿をあらわした。


いったい彼らにまつわるどんな物語があったのか。

彼らはなにものか。

彼らは、だれによって処刑されたのか。

今後の研究の結果、

霧に包まれたアイルランドの古代史にどんな

1ページを提供することになるのか。

興味深々である。


それにしても、2003年に、初めて発掘されたとは。

アイルランドの古代史の研究は、まだこれからである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-09-11 11:21 | 旅の街角から | Comments(0)