アイルランドの原風景・コネマラ 2010年9月10日

c0069380_1224427.jpg
c0069380_1232084.jpg


アイルランドの西海岸地方に、コネマラという地域がある。

国立公園にもなっている。

氷河が作り出したという山並みと

その異様なたたずまいは、息をのむものがあった。


「氷蝕」ということばがある。

氷河の侵食作用で出来た風景の意味である。

これが、まさにその風景だった。


地元のドライバーが、話してくれた。

第二次世界大戦中、アイルランドは、中立を表明した。

ドイツや、連合国の軍艦が、突然入り江に姿を現すことがあったという。

この地区の駐在のおまわりさんが、自転車をこいで

あわてて、ダブリンに連絡を入れた。

ところが、翌日になると、軍艦は、姿を消している。

なんどかそんなことが繰り返され、

しまいには、どうせいなくなるのだからと

報告するのもやめにしたという。


この無人の地に立ち、

夏だというのに冷たい小雨まじりの風に吹かれていると、

ミステリー・スパイ小説の舞台に立っているような気になる。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-09-10 12:03 | 旅の街角から | Comments(0)