天皇の世紀4 2010年7月5日

c0069380_18113738.jpg


天皇の世紀4をようやく読み終わった。

これほど「攘夷」にとことんこだわっているのも

珍しい。

圧巻は、薩摩藩が、イギリスの艦隊に徹底的に

砲撃されたあとの交渉でのこと。

薩摩藩は、撃沈された藩の軍艦のかわりをイギリスから

購入したいとしゃあしゃあと申し入れる。

イギリスも快諾して、

その後、薩摩藩とイギリスの関係は好転する。

言い出すほうも言い出すほうだし、

それに飛びつく方も、相当のしたたかなものである。

このあたりが、歴史の醍醐味であろう。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-07-05 18:18 | この国のかたち | Comments(0)