コーヒーと天気予報 2010年6月2日

c0069380_19294237.jpg


日本が、天気予報に使う予算は、

全国民が一杯のコーヒーを飲んだ金額にほぼ等しいとか。

お天気キャスターの倉嶋厚さんが若い頃、

「天気予報は、生涯の努力を傾けるに足る仕事か」と

悩んだ時、先輩は、この数字を引き合いに出したという。

「日本が、天気予報に使う予算は、

全国民が一杯のコーヒーを飲んだ金額にほぼ等しい。

だけれども、広い太平洋や低気圧の動きの警報を

聞いて沈没を免れる船が1隻でも2隻でもあれば、

コーヒー1杯の値段は安いものじゃないか」

その話を聞いて、心の暗雲が吹き払われた気がしたという。

今年の2月1日付けの毎日新聞の余禄に紹介されていた

話である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-06-02 19:42 | 人生 | Comments(0)