人生に大切なこと(またまたつづき) 2010年5月29日

c0069380_19493553.jpg


「人生に大切なことはすべて絵本から教わった」の

またまたつづき。


紀元前2・3世紀にできたアレクサンドリア図書館の

お話が紹介されていた。

アレクサンドリア図書館の職員に、カリマコスという詩人がいたという。

彼は70万冊の図書の「ピケナス」という目録を作った。

120冊にわたる膨大なものだったという。

衣食住を含めあらゆる内容の本が、紹介されていたという。


ここからが、驚きである。

目録を作るために、一番最初にカリマコスがしたことは、

70万冊の全部を読むことだったという。

全部読むことで、内容を把握して、

内容のキーワードで目録を作ったのだという。


編集者の松浦弥太郎さんは、次のように語っている。

「エジプトのピラミッドも素晴らしいけれども、

夢のように、ピケナスというものを見たい!と思うわけですね。

そういう図書館というものがあることで、人の技術や考え方、

工夫と発明がたくさん生まれた。」


残念なことに、ピケナスは、失われて今はない。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-05-29 20:07 | 人生 | Comments(0)