歌の出前 2010年5月19日

c0069380_1645874.jpg


以前、ラジオで、歌手の樋口了一さんが、

自分の歌をひっさげて、全国の歌の出前を

している話を聞いた。

曲は、知る人ぞ知る

「手紙~親愛なる子供たちへ~」。

「年老いた私がある日今までの私と違っていても

どうかそのまま私のことを理解して欲しい」という

歌いだしではじまる。

「私が服の上に食べ物をこぼしても・・・・

あなたいろんなことを教えたように見守ってほしい」

という人生を感じさせる歌詞が続く。


ここ数年、有線のヒット曲になっているらしい。



しかも、樋口さんは、ポストマンライヴと称して、

リクエストがあればどこへでも出かけていくという。


印象に残ったのは、東大阪の町工場の一角の

ガレージの中で、老夫婦のために

歌った時だという。


送り手が、じかに、受け手のところに出かけていく

この「出前」の発想。

送り手と受け手の原点を感じさせる意味で、

なかなか興味深い。

デジタルの時代だからこそ

こんなアナログが、

きらりと光るのかもしれない。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-05-19 16:55 | 人生 | Comments(0)