夜が明けたら 2010年1月21日

c0069380_19152518.jpg


浅川マキが急死した。

今から、40年近く前、駆け出しのころ。

札幌のすすきのや、たぬき小路で

飲み疲れた後、冷たい下宿に返りつく。

そんな生活の中で、よく聞いたのが、

浅川マキの「夜があけたら」だった。


「夜が明けたら 一番早い汽車に乗って

いつかうわさに聞いたあの街へ

あの街へ行くのよ

いい人が出来るかもしれないし」

この曲をかみしめながら、いろんな街を住み暮らした。


こんなフレーズもある。

「みんな私に云うの

そろそろ落ち着きなってね

だけども人生は長いじゃない

そうあの街はきっといいよ」


人生は、長いようで短い。

でも、人はいつも夢を見る。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2010-01-21 19:29 | 人生 | Comments(0)