イムジン河 2009年12月28日

c0069380_12423366.jpg


きのうラジオで久しぶりに、

加藤和彦の「イムジン河」を聞いた。

なぎら建壱の「あのころのフォークを聞きたい」という番組。

この「イムジン河」は、クレームがついて、

ひところ放送できなかった。

あたまにきた加藤和彦は、テープを逆回転させ

それから曲想を得たのが、

あの「悲しくてやりきれない」の曲だという。

知らなかった。

嘘みたいなほんとの話である。


「胸にしみる空のかがやき

今日も遠くをながめ涙をながす

悲しくてかなしくてとてもやりきれない」


この悲しみには、ワケがあったのだ。


ちなみに、「悲しくてやりきれない」は、

作詞サトーハチローである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-12-28 12:56 | 人生 | Comments(0)