土偶展2 2009年12月24日

c0069380_11334692.jpg


土偶展の続き。

実は、この土偶展は、ロンドンの大英博物館で

開催されたものの里帰り展である。

大英博のカタログの標題は、

「THE POWER OF DOGU」

単なる土偶紹介にとどまらず、

川端康成と土偶の写真を掲載したり、

ドラエモンやコミックの中の土偶を紹介したりして、

現代日本の文化の中で、

土偶がどのように位置づけられているか

積極的に紹介している。


ところで、このカタログの表紙に紹介されている土偶は、

とても興味深い。

夏の三内丸山遺跡のシンポジウムで、

ケルト専門家の鶴岡真弓先生が言われたことを思い出す。

鶴岡先生は、「渦巻き」に注目する。

土偶の関節の部分に、決まって、「渦巻き」が配置されているという。

この土偶は、まさに、鶴岡先生の指摘どおりである。

そこには、力の源、エネルギーの源の意味が

込められているようだ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-12-24 12:03 | 縄文 | Comments(0)