土偶・女神の旅 2005年3月31日

あらためて、三内丸山遺跡の大型板状土偶について。

大型板状土偶は、三内丸山遺跡から出土した他の

土偶にくらべて、大きさといい造形といい、ひときわ

異彩を放っている。これは、どう受け止めたらいいのか。

国立民族学博物館の名誉教授小山修三さんは、ずばり

大型板状土偶をもって、土偶はお守りから、

女神に変わったという。

その根拠として、板状土偶の両耳にある穴を挙げる。

そこに、ひもを通して、壁にかけるようになったのだという。
c0069380_18472972.jpg

[写真提供 NPO法人 三内丸山縄文発信の会)

おそらく、お守りから女神になった土偶は、

個人や家庭の場を離れ、集団の場で、祈りの対象となり、

あるいは、独特の儀式が営まれたのではないだろうか。

そこで、どんな祈りがささげられ、どんな儀式が

くりひろげられたのか。

それを知るには、次のことが解き明かされる必要がある。

板状土偶の首と胴体が別々に出土している意味は?

さらに、板状土偶の口から垂直に穴が開いていることの

意味合いは何か?これらの不思議が明らかにできれば、

より縄文人のこころに迫ることが、できるのではないだろうか。


さらに、小山さんは、「女神の旅」ということを示唆した。

  「縄文時代の土偶に根本的に流れているのは、
   胸とお尻の強調にあきらかな女性だと思います。
   このような母親をイメージさせる、ある種の
   まがまがしさも含んだ女神像が、旧石器時代に
   ヨーロッパで立ち上がり、歩み始め、シベリアを
   とおって、日本に入ってきたと系譜的にたどることが
   可能です。女神が東に向かって進み、日本に
   たどりついたとみるわけです。」

現生人類ホモサピエンスの移動とともに、ユーラシヤ各地に

固有の女神が誕生していく。それを「女神の旅」とみなして、

ユーラシアの果ての日本列島までたどっていく。

なんと、スケールの大きいロマンに溢れた物語だろう。

いつかこの構想を、映像かイベントで実現したいものである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
Commented by ヨシ at 2005-03-31 23:16 x
土偶は、三内の板状土偶だけでなく、さまざまなものがある。有名なものをあげれば、遮光器土偶やミミズク土偶、山形などなど、それらについてのコメントもあればおもしろいのだけど・・・・。
by kitanojomonjin | 2005-03-30 19:19 | 縄文 | Comments(1)