ジョセフ・ナイのことば 2009年11月26日

c0069380_14524087.jpg


アメリカの国際政治学者ジョセフ・ナイが

なかなかいいことを言っていた。

《鳩山政権の仕事ぶりについて》

「海軍流に言えば、船を揺らす波を見下ろして

船酔いになるよりも、明るい水平線に視線を

向けることだ。」(11.8付日経)

なるほど。

でも、こんな反論が出るかもしれない。

「とりあえず、『船を揺らす波』をみなければ、日本という

船は、沈没してしまう!」

それもそうかもしれない。

でも、船がどこへ向かうのか、そろそろ明るい水平線の展望も

ほしいところである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-11-26 15:02 | この国のかたち | Comments(0)