残された人生最初の日 2009年7月22日

c0069380_1020619.jpg


「きょうは、残された人生最初の日である」

ラジオで聞いた作家・ははきぎほうせい氏の言葉である。

たしかに、そう思うと、今日という日が、とても新鮮に見える。


こんな言葉も紹介していた。

「神様、わたしにお与えください。

かえられないものを受け入れるおちつきを。

かえられるものをかえる勇気を。

そして、かえられないものとかえられるものを

みわけるかしこさを」

含蓄が深い言葉である。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-07-22 10:25 | 人生 | Comments(0)