裏日本と表日本 2009年6月25日

c0069380_20254370.jpg


先日、聞いた寺島実郎氏の講演の続き。

衝撃的な数字が示された。

日本の貿易総額に占める割合。

  09年1~4月 米国 13.5%  中国20.1%

1990年に27.4%、2000年に25.0%を占めた

対米貿易比重は、わずか13.5%になったというのである。

戦後の対米中心の経済は、大きく変りつつある。

ここから先は、にわかには信じがたいが、寺島氏の話によると、

裏日本・表日本の表現も、戦後そのリアリテイが増してきたという。

つまり、海のかなたのアメリカに向き合う太平洋側が

表日本で、

冷戦で閉ざされた国々と向き合うのが、裏日本だった。

この概念も、これから大きく変えていかなければいけないという。

にもかかかわらず、いまだに、アメリカを通してしか

世界を見ない考えが横行していると、

寺島氏は警鐘を発する。


なるほど。

これまで、半世紀それで済んできたのも事実。

その意識の変革には、われわれにとって

相当の努力がいることだろう。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ






          
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-06-25 20:44 | この国のかたち | Comments(0)