小澤征爾 2009年6月5日

c0069380_16415799.jpg


「わたしが子どもだったころ」というテレビの番組。

指揮者の小澤征爾が、生まれ故郷の中国を訪ね、

自分の幼い頃の思い出を語っていた。

中国で、たまたま指揮者のたまごのオーディションを

やったという。

そのとき、自分の学生時代と重ねてこんな感想を

言っていた。

中国の若い人には、こだわりぬくエネルギーを感じたという。

「自分は、ラグビーをやっていたから、

その後、指揮者をやりぬけた。

最後の最後まで、やりたいことを実現するには、

そんなこだわりぬくエネルギーがいるのではないか」


たしかに。

こだわりぬいた先にこそ人生の楽しみがある。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-06-05 16:53 | 人生 | Comments(0)