飲み屋の福袋 2009年3月21日

c0069380_11262157.jpg


浜矩子の「グローバル恐慌」を読んでいる。

今回の世界恐慌の発端・アメリカの「債権の証券化」を

飲み屋のツケの福袋で、説明する。

「飲み屋は、一計を案ずる。

たまった請求書を切り分けたり束ねたりして、

たくさんの福袋をつくる。」

このツケの福袋が、要するに債権の証券化商品である。

かくして、このツケの福袋が、禍袋(わざわいぶくろ)化して、

街中に分散・拡散し、しまいには、飲み屋も倒産してしまう。

それが、アメリカの金融恐慌の構図だという。

なるほど。


さらに、このグローバル恐慌は、「失われた10年」の

グローバル版であり、10年ぐらいは、覚悟せよという。


当分、うっとうしい時代が続きそうだ。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-03-21 11:34 | この国のかたち | Comments(0)