店じまい 2009年3月14日

c0069380_10512147.jpg


石田千の「店じまい」という本を読んだ。

街で、どんどん消えていく店の思い出が、

つづられている。

そのひょうひょうとした文体がいい。


とあるラーメン屋さん。

「三人のおばちゃんと、出前係のおじさんがいる。

おばちゃんたちは、三人とも、

おなじような背かっこうをしている。

髪をみじかくして、ゴム長靴をはいて、

しろいうわっぱりを着ている。

配膳、調理、皿洗い、会計は、だれときまっているわけではなく、

手のあいたひとが、やれることをこなしている。

よく似た三人が、ぐるぐるはたらく。

混んでいてもおっとりと動いて、

だれがだれだか見分けがつかない。」

たしかにあるよね。

こんな食堂が。

この店も、じき「店じまい」してしまったという。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-03-14 10:53 | 人生 | Comments(0)