小島夫人のことば 2009年2月3日

c0069380_11325220.jpg

c0069380_11331843.jpg


39歳で亡くなった写真家・小島一郎の

写真展が、今、青森県立美術館で開かれている。

そのオープンセレモニーのことが、

地元紙に載っていた。

ずっと、子育てしながら、亡き夫の写真を守ってきた

弘子夫人が、あいさつのとき絶句した。

そのときの心境を学芸員の高橋しげみさんに

あとで、つぎのように語ったという。

「雪がね、

顔を上げたら、窓から雪が降っているのが

見えたんです。

そしたら、もう胸がいっぱいになってしまって。」

会場から、大きなガラス窓ごしに、三内丸山遺跡への

出入り口が見えるという。

高橋学芸員は、こう記している。

「窓の外に舞い散る雪は、東京暮らしの長い

弘子夫人の脳裏に一瞬にしてどれだけ多くの

青森での時間を、一郎との時間を蘇らせたことか。」


雪は、時間を止め、あるときは、時間を逆転させる。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2009-02-03 11:44 | 津軽 | Comments(0)