大連・大和ホテル 2008年11月17日

c0069380_1151519.jpg


柴田宵曲の「明治風物詩」を読んでいたら、

夏目漱石の「満韓ところどころ」に、夏目漱石が

大連の大和ホテルの泊まったくだりがあるという。

「大和ホテルに落ち着いて、真水の風呂に悠々と

浸ってゐると、浴室の戸をこつこつ叩くものがある。

訪問者は、(中村)是公とわかったから安心して裸で

ボールトをはづしたら、満鉄総裁がステッキを

ついて戸口に立っていた。」

今年、6月、たまたま泊まったあのホテルに

夏目漱石が泊まっていたとは。

驚きである。

お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2008-11-17 11:59 | 旅の街角から | Comments(0)