世界遺産 2008年11月11日

c0069380_11325431.jpg


先週、三内丸山の岡田康博さんをお招きして、

東京縄文塾を開いた。

三内丸山遺跡をはじめとする縄文遺跡を

世界文化遺産にしようということについて。

いろいろ細かいことはあるが、

大事なことは、たった一つ。

「顕著で普遍的な価値を持つかどうか。」

縄文文化を胸をはって世界にアピールできるかどうかに

かかっている。

この14年間、縄文発信の会が続けてきたことを

より自信を持って、前へ進めるしかない。

新しい目標としては、なかなかとりくみがいのあることである。


お読みいただいた記念にランキングをクリックしてください。
人気blogランキングへ
[PR]
by kitanojomonjin | 2008-11-11 11:41 | 縄文 | Comments(0)